在り方・考え方

シリーズ④ プラスの感情から作りだしたビジョンは「誰にも何にも響かない」

まもなくビジョンメイクセミナーを開催します。

(ありがたいことに12分で12名様満席となりました。次回開催リクエスト頂いているので調整してご案内します)

それにあたり、私がビジョンメイクをしようと思った理由
=ビジョンが大切な理由を、
をシリーズ化してお届けします。

今回はその④

私がビジョンメイクセミナーをする理由①
ビジョンを明確にすると選ばれる人になれる

私がビジョンメイクセミナーをする理由②
「大それたビジョンなんてない」と言ってた私が見つけることができたから

私がビジョンメイクセミナーをする理由③
経験や実績がなくても必ず自分だけのビジョンを設計できること

私がビジョンメイクセミナーをする理由④
プラスの感情から作りだしたビジョンは「誰にも何にも響かない」

私がビジョンメイクセミナーをする理由⑤
マイナスの感情から導き出した明確なビジョンが大切

プラスの感情から作りだしたビジョンは「誰にも何にも響かない」ことに気づいたから


時代が変わる今、
振るいにかけられている今だからこそ

「明確なビジョンとその言語化」が必要だと感じています。

「ビジョンありますよ。」という方も、
「ビジョンに向かって突き進んでます!」という方も、

ちょっと私の話を聞いてください・笑

ビジョンを設計するとき、

私はこれまで、ビジョンを作るときに

「こういう人を幸せにしたい」

「こういうのが強み」

「こういうのが得意」

「こういうことがときめく」

といった、プラスの感情で構築してました。

「過去に自分が悩んでいたこと=未来のお客様の悩み」

だから、マイナスの感情から作るといい。

というのは聞いてたけど、

実際、マイナスの感情に向き合ってませんでした。

もともと、子どもの頃から悩みがなくて、

人間関係にも環境にも恵まれていたから、

割と平々凡々と暮らしていて、

「悩んでたことないしな。」と思ってました。

着付け着たいなと思ったら習いに行って、

「着物が着れない」という感情は持ったことがない。

着付け教室始めたら、苦労なく生徒さんが来てくれて、

「生徒さんが来てくれなくて困る」と思ったことない

講師業をしていても、

生徒さんを導くために、頭抱えたことなどない。

と思ってました。

(実際はその時々で悩んでることもあるのだけど、すぐ行動して解決に至るから忘れてる)

だから、私が作りだしたビジョンは、

「好き」や「楽しい」だけで作り出したビジョンでしかありませんでした。

しかも、常に楽しいセンサー働いてるから、

ひらめきすぎてややこしい・笑

そして、そんな、プラスの感情から作りだしたビジョンは、

大義名分(それを続けるための都合の良い理由)にはなりますが、

「選ばれる理由」にはならないと知りました。

「キレイな言葉だけど、キレイな言葉では、人の心は動かせない。

もっとグサグサ刺しに行く感じで」というアドバイスをもらいました。

刺すのはあまり好きでないけど、

(グサグサ刺さる投稿は読まずに瞬時に閉じるので←感受性豊かなもんで・笑)

だけど、響くくらいの言葉は持ちたい。

グサグサ刺すか、そーっと響かせるかは人それぞれだけれども、

少なくとも、ワクワクから導き出した綺麗な言葉では、何も響かないということ。

この、情報が溢れている時代(読まれない時代)に、
SNS集客で「選ばれる人」になるには、

伝わる言葉が必要であること。

その伝わる言葉を導き出すには、

マイナスの感情から生まれる本当の本当の気持ちと向き合い、
それをビジョン化する必要がありました。

伝わる言葉は魂の叫びなんだな。

そして、深く深く探してみると、

顕在意識レベルではマイナスと気づいてなかったことが、

潜在意識レベルでマイナスであると感じていて、

そのマイナスの状況を避けるために、着物を着て着付け講師をしていることに気づきました。

深い・笑

プラスの感情から作りだすビジョンは、

「それがあったら幸せ♡」というハッピーな気持ちにはなり、

マイナスの感情に向き合い導きだしたビジョンは、

「それがなかったらどうなる?」という危機感が伴います。

人は、ポジティブなことよりも、

ネガティブなことの方が対処する力が強く働くから、

ネガティブから導き出したビジョンがあれば、

「上手くいかなかってもまぁいっか。」とはならない。

加えて、痛みから出た想いは、

言語化した時に人にも響きやすいという効果もありりますしね。

その結果、

応援されて選ばれる人になり、
同業の先生と競い合うのではなく、共存できる環境で、
自分らしく活躍する形を見つけることができます♡

そして、ガツガツしなくても、
「あなたから学びたい」と勝手にお申し込みが入るようになります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です