在り方・考え方

シリーズ③ 今はまだビジョンがない人も、経験や実績がなくてもビジョンを作ることができます

まもなくビジョンメイクセミナーを開催します。

(ありがたいことに12分で12名様満席となりました。次回開催リクエスト頂いているので調整してご案内します)

それにあたり、私がビジョンメイクをしようと思った理由
=ビジョンが大切な理由を、
をシリーズ化してお届けします。

私がビジョンメイクセミナーをする理由①
ビジョンを明確にすると選ばれる人になれる

私がビジョンメイクセミナーをする理由②
「大それたビジョンなんてない」と言ってた私が見つけることができたから

私がビジョンメイクセミナーをする理由③
経験や実績がなくても必ず自分だけのビジョンを設計できること

私がビジョンメイクセミナーをする理由④
プラスの感情から作りだしたビジョンは「誰にも何にも響かない」

私がビジョンメイクセミナーをする理由⑤
マイナスの感情から導き出した明確なビジョンが大切

今回はその③

「今はまだビジョンがない人も、経験や実績がなくても必ず自分だけのビジョンを設計できるから」

<選ばれて応援される人になる 「ビジョンメイクセミナー」>では、

「ビジョンは言語化するのが難しい」

というのが長年の課題だった私が、

誰にでも再現できるように、

研究してまとめた「ビジョンの法則」を

お伝えさせていただきます。

前回の記事では、

私自身がビジョンを言語化できなくて困っていた話をしました。

そんな私がビジョンを言語化できた法則をもってすれば、

今はまだビジョンがない人も、

必ず自分だけのビジョンを設計できることに気づいたからです。

ビジョンは、経験や実績がなくても、

誰もが根底に持っています。

なぜなら、ビジョンは、「価値観の具現化」

「ビジョンがない」と思っている人は、

今はまだそれに気づけていないだけ。

だって、価値観がない人はいないから。
(怒ったり楽しんだり泣いたり喜んだりしますよね?)

0歳児の赤ちゃんだって、
10人いたら、好きなこと気に入らないこと10通りあるように、

価値観から導き出したビジョンも当たり前ですが十人十色。

誰もが思い浮かぶような、ありきたりな言葉を並べるのではなく、

自分の価値観に沿って、
「こういうことを大切にしたい」「これこそが魂の喜びに繋がる」というのを
明確にしていくことこそが、ビジョン設計です。

そして、今回私が「ビジョンメイク」の方法を知れば、
まだ何者でもないあなたも、ゼロからビジョンを作ることができます♡
次の投稿では、
具体的なビジョンの設計の方法についてお伝えしますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です