在り方・考え方

シリーズ② 「大それたビジョンなんてない」と言っていた私がビジョンを見つけた方法をお伝えします

まもなくビジョンメイクセミナーを開催します。

(ありがたいことに12分で12名様満席となりました。次回開催リクエスト頂いているので調整してご案内します)

それにあたり、私がビジョンメイクをしようと思った理由
=ビジョンが大切な理由を、
をシリーズ化してお届けします。

私がビジョンメイクセミナーをする理由①
ビジョンを明確にすると選ばれる人になれる

私がビジョンメイクセミナーをする理由②
「大それたビジョンなんてない」と言ってた私が見つけることができたから

私がビジョンメイクセミナーをする理由③
経験や実績がなくても必ず自分だけのビジョンを設計できること

私がビジョンメイクセミナーをする理由④
プラスの感情から作りだしたビジョンは「誰にも何にも響かない」

私がビジョンメイクセミナーをする理由⑤
マイナスの感情から導き出した明確なビジョンが大切

今回はシリーズ②
「大それたビジョンなんてない」と言ってた私が見つけることができたから

前回の記事で、

ビジョンやコンセプトを伝えることで、

それまでは「なんか怪しいこと始めたで」と思っていた人も、

納得して、

「それいいと思う!」「まゆみさんらしい!」って応援してくれる

とお伝えしました。

だけど、私自身、

昔からビジョンを伝えるのが得意だったか?

というとそうではなくて

「ビジョンは言語化するのが難しい」

というのが長年の課題でした。

これ、感覚人間あるあるです^^

すぐ目の前の目標と、
「60歳になった時にこうなっていたい」というゴールは思い描いているけれど、

その途中経過は瞬時に「こっち」って判断して行動していて、

全然計画的でも戦略敵でもないのです。

思いついたことに飛びついても、

結果、それでもうまくいくのだけど、

「思いついちゃったけど、ほんまにこれでいいかな?」って不安に思ってたり、
人に説明できない。

なので、ふとした時に聞かれたとき、

「思いついた瞬間に行動するから、大それたビジョンがない」と言ってましたが、

実は「ビジョンがないのではなく、言語化できていないだけ」というわけ。

だから、新たな事業を始める時、

人と話すことで、自分の脳みその中を言語化してもらう。

ということを、(それも知れず知らずに)してました。

だけど、次のステージに上がろうとしたとき、
ビジョンを明確に伝えることの重要性を痛感しました。

ビジョンを感覚的にしかとらえられてなくて、

自分の言葉で言語化できていないので、

人から「まゆみさんはこれからどこへ向かっていくの?」と聞かれても、

ありきたりな言葉しか出てこなくて、

自分でも、「もっともらしい言い訳」を並べるような気がしてなりませんでした。

そんな、ありきたりな言葉では「誰にも」「何にも」響かない。

ありきたりな言葉では、
差別化を図ろうと独自性を出してみたものの、

(あの人、何がやりたいの?)となり、

応援されない
選ばれない(今までは選ばれてたのに、選ばれなくなる)

ということが起こります。(実際、起こりました)

こういう人、私の周りにも意外と多いんですよね。

そこで、「私のことわかってくれてない」と思って、

その方を排除してきた人も多いと思う。

ちなみに私の場合は、尊敬する方から

「松嵜さん、志がないよね」と言われて、

「はっ!!伝わってない!!」と気づき、

伝える努力をするようになり、今は応援してもらえてます。

「わー、私のことー」

とか

「えー、私もビジョン伝えるの苦手やわ。」

とか、

「ビジョンなんてないないないない」

と思った方も多いはず。

ですが、ビジョンって、

必ず誰もが持ってます。

なぜなら、ビジョンは価値観の具現化だから。

「これ好き」「これ嫌い」

というのも、あなたの個別の価値観から来ているものであり、

それは全て生物が持ち合わせているもの。

その価値観を具現化することで、

ビジョンが明確になり、

自分の言葉で言語化できるようになります。

そして、それが明確になると、

応援されるだけでなく、

スピード感と自信をもって前に進むことができますよ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です