在り方・考え方

私が「正しさ」を主張しないわけ

私が「正しさ」を主張しないわけ

着付け講師9年目、ビジネス講師5年目、コーチング講師もうすぐ3年目です。

一つのことをそこそこ長くなっているので、
わたしなりの考え方ややり方が確立されています。

だけど、「これが正しいからこうしなさい」とは言わない。

これは、我が子にも同じこと。

それよりも、何をもって自分は正しいと思っているのか(思い込んでいるのか?)に目を向けるようにしています。

価値基準は人それぞれ。

その人の価値や考え方を尊重しながら、
選択肢を提供する。

だから、人の投稿を見ていると「こうするべき」とか「こうしてないあなたは間違ってる」といるという内容に、イチイチざわつくんですよね。

このざわつきの理由はわかっています。

だから、その投稿をしている人が悪いとかではなくて、
私がその投稿にざわつくから見ないようにしてるだけ。

なので、基本的に、ほとんどの方の投稿は見てません。

たまーに勇気を出して覗きに行く程度。

その割にはいつも暑苦しく語っていごめんなさい。

だけど、このわたしの投稿も決して正しいとは思ってなくて、

人それぞれ感じ方が違うと思う。

だから、それでいいんです。

もしこれを読んで不快になるとしたら、
「あなたは何に対して不快になっているか?」
それがめちゃくちゃ大切な気づきにつながっています。

正しさを振りかざすのは、正義ではない by 着物モモレンジャー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です