心境・つぶやき

志がないね・・・という言葉に傷つきそこから気づけたこと

こちらの記事の続きです。


ネガティブな感情から気づけたこと


講師を始めたころに、
ある方からすごい剣幕で、「まゆみさんって自分がないね」って言われたんです。

「なんでそんなこと言われなあかんにゃろ?」lって思ったけど、

相手に対する怒りとかではなく、
自分に対する不甲斐なさを感じて、自分を責めて終わりました。

「なんでそんなこと言われたか?」を追求せずに。

そしたら、その言葉が半年に1回くらいリフレインしてたんです。

相手に対する感情は何もないのだけど、
「自分がない」という言葉に心がざわつくんです。


で、それから2年くらい経過したころ、友だちとの会話で、
たまたまその人の話になり、
ようやく、その時のことを人に話しました。


そしたら、友だちが

「あー、その時〇〇さんが××さんから同じこと言われたからそのとばっちり受けただけやで」
と友達。

「何やーそうなんや」って完全復活したつもりでした・・・


が・・・。


しばらくすっかり忘れてた頃に、
別の方(一回り上の尊敬している方)から
志がないね」と言われたんです。


この時は静かに言われたので、余計にずしっと来ました。


ちなみにこのとき、
「王道を行っていないあなたのやりかたは・・・」

といったことも併せて言われたのですが
そのことにはまったく傷つきませんでした。


で、ずっしりきているところで、
たまたまコーチング講座のアシスタントに入っていて、

「まゆみさん、最近何か言われて嫌だなと思ったことない?」と聞かれて、その時の話をしたら、

「そっか・・・。で、まゆみさんはこのときどういわれたかったの?」と聞かれました。

「志があるね・・・」ですかね。

で、気づきました。

私、「志があるね」って言われたいんだな。

志を持ってやっているから、それをわかってほしかったんだな。
ということに、

(数年前に言われた「自分がない」という言葉も)

そん時、数々の罵声を浴びせられたのに、その言葉だけが残っていたのは、
自分をもってやっていたから、そういわれて悔しかったんだな。

ということに。

で、さらにその先に気づいたのは、

私、志があるのに、志があるところを見せてませんでした!!


ブログには書いていたけど、
その方は私のブログなんぞは見ておられないので、
伝わってなかったんですね。


それに気づけて、そのことをFacebookに書いたら、
その方だけでなく、業界の方からものすごい反響があって、
新たなビジネスチャンスが広がりました。

ネガティブな感情を「なかったこと」にせず、
なんでその言葉に響いたのか?に向き合うことで、
新たな道が開ける。

だから、自分のネガティブな感情に耳を傾けることは大切。

というお話でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です