着物の基礎知識

紋紗の着物の着用時期と格について

紋紗の着物の着用時期と格について

紋紗とは

紋というのは紋様(もよう)のこと、
紗というのは織の組織の名前ですが、透け感があります。

すなわち、紋紗は、洋服でいうとレースのような透け感のある生地になります。

こちらは、お問合せ殺到だったという、モダンアンテナさんの紋紗の水紋柄の着物。


透け感たっぷりで色っぽい(笑)

着用時期

基本的には梅雨明けから盛夏と記載されます(梅雨明けから盛夏)。

※絽よりも透け感が強いため盛夏に着るものとのこと。

購入時にモダンアンテナさんに確認したところ、基本的には7月か8月とのことでした。

ただ、たまに5月末から解禁されてる方も見受けられたとのことです。

また、別のお店で、「紋紗に裏地をつけたら紗袷として着用できる」と教わり、
今度仕立直しをすることがあったら、紗合わせにしようと思ったりしています。

その場合は、単衣の時期が着用時期となるようです。

(透け感によっては、袷の時期に着用できるとものもあるようです)

製法としては、紗地に文様を織り出した先染めの『織物』となります。

織物ですので、基本的には普段着物に分類されます。

また柄付けからみても、

柄がつながっていないため、「小紋(普段着物)」に分類されます。

ですが、購入時にモダンアンテナさんからも、

「ぜひ礼装として着てください!」と言ってくださったので、

TPOに合わせてパーテイなどでも着用したいと思います。

こちらは購入したときもとても気持ちよくお買い物できたので、

さらに思い入れの強い着物になっています。
 (購入時の記録はこちら

めっちゃドヤ顔ですが、
仕付け糸ついたまま♡

■お知らせ

葵桜では、レッスンの中で、着物の格などについてもお伝えしています。
着物の話が好きすぎて、かなり熱のこもった講座になります。

きもの基礎講座

きもの探求講座

葵桜が提供するメニューのすべて

お問い合わせ・お申し込み