着付けのポイント

浴衣と着物の着方の違い

浴衣と着物の着方の違い

「きものが着られたら浴衣は着られるよね。」
とよく言われると思います。

もちろん、着られます。

だけど、実は、<美しく着ようと思ったら>きものより浴衣の方が簡単です。

浴衣の方が手数は少ないから、覚えるのは簡単かもしれません。
だけど、手数が少ないということは、やはり難易度が上がるのです。

きものと浴衣の大きな違いは、「長襦袢を着るか着ないか?です」

実は、この長襦袢の衿があることで、衿を美しくキープしてくれます。

逆に長襦袢の衿がないと、後ろの衿がペタンと倒れてきたり、
衿が開きやすかったりという難点があります。

きものを着る時、長じゅばんが美しく着れるかどうか?が着姿に関わってきます。

ということは、
長襦袢を着ないで浴衣を着る時、衿合わせがどれだけ美しくできるか?が着姿に関わってきます。

衿がピタッと首にひっついたり、
胸元がガッツリあいたり、していないか?チェックをしてみてください。

着付け講師の私でも、
浴衣より着物の方が美しく着れますよ。