ストック型メディア(蓄積型メディア) とフロー型メディア(拡散型メディア)

ストック型メディア(蓄積型メディア) フロー型メディア(拡散型メディア)

◇ストック型メディア(蓄積型メディア)

ブログ・HP・Note・YouTubeなど

ストック型メディアに投稿した記事は、Web上にストック(蓄積)される

過去の記事でも検索エンジンにヒットするため、記事を積み重ねることで資産となっていくことが、強み

◇フロー型メディア(拡散型メディア)

Facebook・Instagram・Twitterなど

フロー型メディアはタイムライン形式となっており、コンテンツが次々と流れていく

(ストック型と比較すると「検索」に弱い)

「今」を伝えることに向いているフロー型メディアは、情報の鮮度が重要

ユーザー(お客様など)とコミュニケーションを取ることができるのが強み

『シェア』『リツイート』といったSNS特有の機能によって一瞬の拡散力が強い

※SNSとは

(Social Networking Service の略)

人と人とをつなぎ、コミュニケーションを楽しむためのサービス

ブログのように個人の発信ありきのものではなく、会話に近いコミュニケーションが特徴

関連記事

  1. プッシュ型マーケティングとプル型マーケティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。